インプラントのいい点

インプラントの期間とは

トップ / インプラントの期間とは

自分の歯と同じインプラント

インプラントは歯を失った人でも自分の歯と同じような感覚で使えるものです。入れ歯との違いは取り外しをする必要がなく、痛みやメンテナンスの必要がありません。入れ歯はブリッジなどの影響で、周辺の歯にも影響があり、雑菌が繁殖して虫歯になって抜けてしまう恐れがあります。インプラントにするためには対応している歯科に通うことでできます。値段は入れ歯と比べても高価ですがメリットの方が大きく、違和感がないのが一番大きいです。専用のスクリューを取り付けてはめ込むのでずれることもなく、高齢者でも取り付けることが可能です。

オールオン4とインプラント

オールオン4は、総入れ歯や失った歯の本数が多い人のための最先端のインプラント治療の方法であり、従来の方法とは大幅に異なる点があります。従来のインプラント治療では、歯を失った部分の直下のあごの骨にインプラントを埋設して人工歯を据え付けるのが基本であるため、失った歯の本数が多いほど、埋め込むインプラントの本数も増えてしまうのが通例でした。その点、オールオン4であれば、斜めにインプラントを埋め込んで人工歯にかかる力を分散させるため、片方のあごに対して4本のインプラントがあれば治療が可能となっています。

オールオン4 東京の治療については、こちらのサイトで。
いま注目されている治療法です。遠方からも多くの方が、治療に来られるようです。治療実績も豊富です。

インプラント器具の情報