インプラントと喫煙

インプラントするなら禁煙

トップ / インプラントするなら禁煙

インプラントと喫煙との関係

歯を再生するための治療方法として最先端と言えるのがインプラント治療となりますが、確実な治療を行っていくには注意するポイントがあります。口腔内の中でも非常に怖い病気の中に歯周病がありますが、特に喫煙が悪影響を与える原因となっています。煙草を吸うと歯茎の血行を妨げるため、歯周病の進行を早めてしまうことがあります。インプラント治療の中では、人工歯根と歯ぐきの接する部分にプラークが付着しやすくなってしまうため、歯周病によって歯槽骨との固着が妨げられるケースがあるのです。ですから確実に治療を終えるためには、喫煙をしないことが条件となってくるのです。

喫煙とインプラントの関係

インプラント治療を行う際に手術後1〜2週間は禁煙を勧められます。これは喫煙が原因で手術の成功率が下がるからです。タバコに含まれるニコチンや有害物質により、血流阻害・白血球活動の抑制・唾液量の減少・新組織細胞の増殖を妨害するなどの症状を引き起こし、インプラントの周辺の細菌感染リスクをあげる原因になります。また歯肉が硬くなることがあり、歯肉の状態悪化を発見しづらくして治療を困難にします。手術後の保証期間も喫煙者は少なからず短いケースもあることから、手術後に良好な状態を保つためには、禁煙することが大きく関係してきます。

インプラント器具の情報